【違法?】ジオキャッシングって何?怖いけど参加してみた

最近SNSの動画を中心に町中に怪しい物が隠されている動画が出回っています。

「何か危険なヤバい物?」
「違法なんじゃない?」と少し怖くなりますよね。

ところが、調べて見ると「ジオキャッシング」という誰でも参加できる無料の宝探しだと判明。

実際に子育て中の主婦が参加してみたので、紹介していこうと思います♪

ジオキャッシングとは

ジオキャッシング (英語: geocaching) は、GPS/GNSSを利用した、地球規模で行なわれている宝探しゲームである。語原は、「地球」「大地」を意味する “geo” と、動詞としての「隠す」「畜える」を意味する “cache” を元にした造語である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

日本では聞いたこともないという人が大半だと思いますが、ジオキャッシングは海外で20年も前に誕生したゲームだそうです。

2017年では世界中に300万個以上も宝物が設置されていて、参加者は全世界で600万人以上いるんだとか。

ジオキャッシングの遊び方は極めて単純で、世界中に隠されているキャッシュと呼ばれる宝物を見つけるだけの単純な遊びです。

もちろん日本でも遊べるので、子供とも楽しめますよ!

ジオキャッシングの気になるQ&A

ジオキャッシングが何かは分かったけど、町中に物が隠されているなんて不安や疑問が沢山ありますよね。

私も同じように気になったので、色々と調べてみました!

ジオキャッシングは違法なの?

違法ではありません!

物を探してウロウロする為、挙動不審で職務質問される人も少なくないみたいですが違法ではありません。

当たり前ですが、人の土地に入り込んだり、物を壊したりするような迷惑行為をした場合は違法です。
常識的なマナーを守っていれば大丈夫なのでご安心ください。

ジオキャッシングは危険じゃないの?

基本的には安全だけど、本人の遊び方次第では危険。
海外では事故で死亡者も出ています。

海外では危険な場所に設置されている場合があったり、無理に探そうとして死亡事故も起こっているそうです。

基本的には危険はないので、安全第一で楽しみましょう。

ジオキャッシングは無料で遊べるの?

基本プレイは無料!
もっと楽しみたい人は課金もあり。

ジオキャッシングは基本に無料で遊べます!!

課金することで探せる宝物の数が増えたり使える機能が増えるらしいので、ジオキャッシングに慣れてきてハマったら課金するのもありですね◎

ジオキャッシングは誰が隠してるの?

ジオキャッシングは隠すのも探すのもゲームのプレイヤー。
ただの参加者で一般人です!

誰でも参加できるため、隠されている場所は地球全体どこにでも。
本当に笑える位そこら中にあるんです。

日本ではジオキャッシングなんてほとんど知られていない遊びだし、隠されててもどうせ都心だけでしょって思いながら始めたんですが、普通に家の近所にありました!

ジオキャッシングの中身って何?

ジオキャッシングの中身に物は入っていたり、入っていなかったり。

それを楽しむのも楽しみの一つですが、こちらの記事を参考にしてください!

ジオキャッシングの遊び方

違法じゃないならジオキャッシングで遊んでみたいと思うが多いと思います。

ここからはジオキャッシングの遊び方を紹介していきます!

まずはアプリをダウンロード(無料)

アプリストアで「ジオキャッシング」と検索すれば出ると思います。
色々な種類があるのですが、私(Android)はこのアプリを使いました。

ダウンロード後は簡単な設定だけしてすぐに遊べます。

探すキャッシュを決めよう!

GPS機能をONにして現在地の近くにキャッシュが隠されているか確認します。
この緑のマーク、全てがキャッシュです。
(グレーのマークは課金した人だけが探せるキャッシュ)

近場じゃなくても普通にマップを移動させれば世界中のキャッシュを確認できますよ!

あとはキャッシュを探すだけ

GPSをONにして案内するをタップ。
すると普通のナビのようにキャッシュまでの案内が出ます。

近くに到着したら右上のコンパスをタップすると画像のような画面になります。
私も見方がよくわかっていないのですが、とりあえず下の座標ぴったりの場所を探します。

キャッシュを発見したらどうするの?

強制ではありませんが、大体のキャッシュには紙が入っているので、見つけた人はサインします。
なので筆記用具を持ち歩くといいですね!!

それからアプリの案内するの横にあるログ。
ここで自分が発見したか発見できなかったの記録ができます。

余裕がある人はログ記録にも書き込みを残すといいですね!!
筆記用具を持っていなくてサインができなくても、ここにサインの代わりに紙の写メを乗せる人も多いです。
※隠してある場所のネタバレにならないように気を付けて写真を撮りましょう。

見つからなかった場合も書き込むと、キャッシュがロストしている可能性にオーナーが気付きやすいです。

中身は持ち帰って良い?

絶対にダメ。
隠されていた場所に丁寧に戻しましょう。

ただし、キャッシュの中に物が入ってる場合があります。
これは自由にもらえますが、対価として同等の価値の物を入れておくルールがあります。
物々交換ですね!

ジオキャッシングのポイント

ヒントは無いの?

ヒントを設定してあればあります!

ジオキャッシングでキャッシュを見つける為の基本は難易度、地形、サイズ。
そして設定されていれば文字通りヒント。

例えば画像のキャッシュならWhite.Magnet.とあるので、白い物か白い場所にマグネットでどこかに貼り付けられていると考えられます。

1番のヒントはログ記録です。

同じキャッシュを探したジオキャッシャーたちのコメントがあります。
思わぬヒントがあるので絶対に読むべし!

詳細にヒントが書かれていることも。

属性アイコンは設定されていない事もありますが多少のヒントにはなります。

Youtubeなどで隠し方を知る

どんなふうに隠されているかなんとなくでも知らないとジオキャッシングはかなり難しいです。

ゴミに扮したものや隙間に隠されている物、マグネットで貼り付けられている物など色々な工夫がされています。

そりゃそうですよね(笑)
すぐに気付けるなら世界中にこんなに隠せているはずないです。

中にはこんなグッズが発売されているくらいですから(笑)

ジオキャッシング用語”9選”

ジオキャッシング用語
  1. キャッシュ=宝物
  2. ログブック/シート=見つけた人が名前を書く紙
  3. オーナー(CO)=キャッシュを設置した人
  4. ジオキャッシャー(GCer)=ジオキャッシングに参加している人
  5. マグル=ジオキャッシングを知らない人達
  6. ロスト=キャッシュが無くなっていた事
  7. FTF(First To Find)=最初にキャッシュを発見した人が書く
  8. TFTC(Thanks For The Cache)=楽しかった、設置してくれた人への感謝
  9. DNF(Did Not Find)=キャッシュを見つけられなかった事

コメント欄でのやり取りの意味が分かるともっとジオキャッシングを楽しめるので、以上の用語は覚えておくと良いかもしれません。

なかなかキャッシュを見つからない時のヒントが書かれていることもありますよ!

ジオキャッシングに参加してみた感想まとめ

私は近所を3件回りましたが、見つかったのは1つだけでした(笑)
なかなか難しいんですよ。。

周りの目が気になるけど、子供と一緒にお散歩ついでに遊べるのでコロナ渦の今楽しめる良い遊びだと思います。

無料で遊べるので一度試してみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました